スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の「脳」は肌にある

子供の「脳」は肌にある (光文社新書)/山口 創

¥735
Amazon.co.jp


子供に限ったことではないと思います。


肌には無限の可能性と強さがある!と最近特に実感します。


スキンシップ、触れることの大切さが分かりやすく書いてあります。


他にも興味深いことがもりだくさんなので、オススメの1冊です。




この本の中でこんなことが書いてありました。



たとえば顔の表情など、人に見られる部位というのは、


バレないように一生懸命コントロールする。


平静を装ったり笑顔を繕ったりする。


しかし、手や足というように、人の目に触れにくい部分は本心が現れやすい。





いろんな本を読んだり、新しい動きに出会ったりする時、


つい操体とからめてしまうのですが、


この一文はまさにそれでして・・・


私はお客様と対面する時は、最近はほとんど足裏から


からだの声


を聞いています。


いつの頃だったか忘れてしまいましたが、いつの間にかこのスタイルになりました。


からだとお話をさせていただいた時、


その内容を本人のアタマに向かって聞き直すんですが、


結構な確立で否定されますにひひ


数年前までは、アタマの意見を優先させてしまっていたのですが、


そうすると遠回りになることが多かったような気がします。


最近はアタマのほうは黙っていただいて


よっぽどのことがない限り、からだの声のほうを優先するようになりました。


(よっぽどのことというのは、不快であるとか痛いとか・・・です)





からだのホンネが聞けるので、楽しいです♪




プロフィール

kusakai

Author:kusakai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。