スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は怖い家庭の医学

お問合せ・ご予約はお気軽に

sotai@ivan-sakuragi.d-bs.com



4月10日放送の「本当は怖い家庭の医学」観ましたか?

http://kenko.asahi.co.jp/broadcast/index.php

http://kenko.asahi.co.jp/broadcast_dtl.php?broadcastId=81#theme_220


目の疲れ

膝痛

便秘

肩こり

について、ある角度から掘り下げてました。

非常に興味深かったです。


特に腸は捻れるなんて知らなかったので勉強になります。

ただ・・・

膝痛、便秘、肩こりに関しての対処法が

操体の施術によって良くなっていく過程に似ているところと

似てないけど一緒に行うとより効果的だと思うところがありました。

※テレビをみた人でないとわからないような表現が多いので

 番組HPをご覧ください。


便秘(捻れる腸)

→手で腸にあたる部分を念入りにマッサージする

S状結腸・下行結腸・下行結腸と横行結腸のつなぎ目の3ヶ所

をゆるませるマッサージをする

操体:腸に問題がある人は施術で特に腸がゴロゴロいいだします。

良くなっていく過程が似ています。


膝痛

→股関節周りの3つの筋肉を鍛える

(大腿四頭筋・中臀筋・大臀筋)

操体:両膝をまっすぐ前にして膝の力をホッと抜き両足の母趾球に

体重を乗せる。

両方やってみるといいと思います。

筋力は大事ですし、理にかなったからだづくりも大事です。


肩こり

→鏡体操・全身映る鏡にテープを貼り(正中線と肩のライン十字に)

首を左右に傾ける・首を左右にひねる

これで傾いているほうを修正する。

操体:左右やってみて気持ちがいいほうを行う

やり方はまったく違いますが、両方やってみるといいと思います。

首が傾いている人は傾いているという状態がまっすぐだと脳が

勘違いするそうです。


本当は全部操体のほうがいいといいたいところですが

意地でも操体で!というわけではなく、

自分のカンで気持ちがいいほうを選ぶと良いでしょう。


膝痛・股関節のゆがみ・便秘は

特に操体の施術で効果があらわれやすいです。

体操などでもあまり効果がなかったら、是非ご相談くださいませ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kusakai

Author:kusakai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。