スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補足

お問合せ・ご予約はお気軽に

sotai@ivan-sakuragi.d-bs.com








膝の力を抜く

コチラで、力を入れすぎないように!と注意をしました。




なぜ力が入るとダメなのでしょうか!?


がっちりと力がありそうで安定感があってよさそうにもみえるのですが


腰から動いてしまうのです!


下半身ががっちり固まった人の特徴でもあります。


下半身ががっちり固まった人が前屈をすると、


みなさん判を押したように腰から動き出す前屈をします。


腰からならいいじゃない?


・・・と思いますよね?


違います!!


全身の連動の動き出しはからだの末端(目、指先、足先)からです。


腰からだと全身の半分しか使えていないので、パワー半減なのです。


よく腰で打って!とか腰から伸ばして!とか言いますからね。


(本当は)足からの力を伝えます!


ただ・・・足から!とアドバイスをしてもなかなか理解しづらいから


腰から!というアドバイスになるのだと思います。


腰からではダメだという重大なもう一つの理由があります。


上半身と下半身を別々に動かしがちになるので


このタイプは腰痛になりやすいのです!!


血液型占いよりあたりますよにひひ




膝の力が「ホッ」と抜けると全身の連動がスムーズになります。


どんなスポーツ・ダンス・武道でも力みすぎは実力を発揮できません。


普段から全身の連動を意識して力を抜くくせをつけましょう音譜




・・・でもボクシングで怖いとつい固まるんですよねショック!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kusakai

Author:kusakai
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。